1日で倍増は可能でもそれに見合うリスクが生じるのは要注意

By: sputnik

人々は、たまに一気に大きく稼ぎたいと考えています。小さく稼ぐのでは無く、むしろ大きくお金を稼ぐ方が、効率が良いと思っているからです。例えば100万円という資金があるとします。それを稼ぐ為の労力は人それぞれですが、一般的には数ヶ月ほどかかる事が多いですね。

サラリーマンの年収は、500万円台が平均的だと言われています。100万という資金を稼ぐ為には、1年分の12という数字を5で割りますと、2.4ヶ月という事になる訳です。したがって100万を稼ぐ為には、原則としては2ヶ月以上はかかる事になります。

それで人によっては、それをもっと効率良く稼ぎたいと考えている訳ですね。現にそれは大いに可能な一面があります。というのもFX 少額という商品では、上手く運用する事により、それだけ稼ぐ事は大いに可能なのです。その具体的な方法としては色々ありますが、本当に上手く利用すれば、1日に資金を倍にする事も可能なのですね。

例えばある時に100万円を保有していて、25万通貨の売買を行ったとします。実際現在の日本のレバレッジを利用すれば、それだけの売買の枚数は大いに可能なのですね。それである時に大きな動きが発生した事で、4円ぐらい動いたとします。その場合は、100万円分の利益が発生する事になるのです。1日に4円というのはかなり大きな数字ではありますが、論理的には可能になる訳ですね。ですので、一応理屈上は資金を倍にする事はできる訳です。

ただしそのやり方は、やはり注意が必要といえるでしょう。1日に25万枚もの売買をするとなると、それだけ大きな損失が発生する可能性も大です。上記の動きでは上手く行っていますが、上手く行かなかった時が問題なのですね。1日に25万円の損失が発生する事もあり得るわけです。もちろんそれだけは避けたいでしょう。つまり、それがこのFXという商品の魅力でもあり、怖い点でもある訳です。資産を大きく増やしたいという気持ちは分かりますが、やはりリスク対策などはほぼ必須だとは個人的には思っています。

25などに下がっていても実は問題無いとの考え方

By: Andy Maguire

一時期にFXの業界では、大きな不満が発生した事があります。それで多くのFXのトレーダーが、海外に流れたケースがあったのですね。というのもこの金融商品では、一時期は倍数が大きく下がっていたからです。

昔のFXでは、100倍の売買をする事ができました。というのもこの金融商品には、レバレッジという概念がありますが、それは昔はかなり高めな水準だったのですね。現在の日本国内のFXの業者では、原則としてレバレッジは25倍以内になります。つまりそれ以上の倍数で売買をするのは、基本的には難しい訳ですが、一時期はそうではなかったのですね。

というのも一時期の日本国内では、100倍での売買ができる業者も多く見られました。そして多くの方々は、そのような業者での取引に、大きな魅力を感じていたのですね。なぜなら100倍もの売買となると、それに見合ったハイリターンが生じる事になります。それに大きな魅力を感じて、100倍で売買をしている方も多かった訳です。

ところがある時に多くの金融業者を総括している公的機関で、様々な見直しを行う事になります。それで最終的には、前述のような25に限定されていた訳ですね。そして多くの方々にとっては、それはあまり面白くありませんでした。ですので海外の業者に流れる方々も、一時期は非常に多かったのです。

しかしここ最近の私は、その25という数字も案外と合理的だったと思います。なぜならその数字によって、リスクが限定される一面もあるからです。25という数字になっていると、用いることができるお金にも限界が生じます。ですが、それもやり方次第ですね。人によってはレバレッジ0.5倍で大きな利益を生み出している事もあります。

そして何よりも0.5もの低さになっていると、やはりロスカットが生じる確率が極めて低いです。それだけ損失を限定できる事を考えれば、やはり理に叶っているのではないでしょうか。ですので100倍から25に下げたという判断は、あながち間違いではなかったと個人的には思います。

トレンドの転換を捉えるパラボリックの見方

By: Dimitar Atanasov

FXには無数のテクニカル分析や手法があり、すべてを使いこなすのは難しく感じます。一般的にトレーダーに人気のテクニカルというと移動平均線やボリンジャーバンド、トレンドラインですが、私はこれら以外にもパラボリックでトレンドを判断しています。

パラボリックはトレンドの転換を捉える素晴らしいテクニカル分析でひと目チャートを見ただけで今、上昇相場なのか、下落相場なのか分ります。初めて見た時はローソク足の上や下にドットが表示されているので最初は本当にこのようなテクニカルが使えるのか不安になったことを覚えています。

ただ、ローソク足や他のテクニカル分析と照らし合わせると意外と使えるテクニカル分析だと分りました。トレンドを追求するテクニカル分析なので相場が揉み合っている時はダマシもありますが、ボックス相場に抵抗線や支持線を引き、どちらかにブレイクした時にポジションを持つとダマシを防げます。

また、パラボリックのシグナルが変わった時にポジションを決済することも出来るので損小利大の取引を目指せます。ですから、どうしても損小利大の取引ができない、利益が出たらすぐに決済してしまうクセがついているなら一度、チャートにパラボリックを表示してみるといいと思います。きっと、目から鱗が落ちるようなテクニカル分析だと感じるはずです。

また、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスよりもトレンドを早く捉えられるのもパラボリックの特徴だと思います。もちろん、トレンドが転換したからといってすぐにポジションを持つとダマシになる確率は高くなりますが、ポジションを持つ準備は出来ます。

例えばパラボリックで買いサインが出ていても陰線のローソク足が出ている時は見送り、陽線のローソク足が出た時にエントリーするのもいいでしょう。さらに3つ以上のドットが出た時は高い確率でトレンドが転換しますから、私は4つ目のドットでエントリーするようにしています。その時に移動平均線やボリンジャーバンドなどと判断するとより勝率も高くなります。

GMOクリック証券の強みから見ることができる特徴

By: kaizen.nguyễn

インターネットによる取引を行っている証券会社にGMOクリック証券があります。ここではGMOクリック証券ならではの強みがあり、それが特徴へともつながっています。まず、GMOクリック証券には手数料の安さがあります。これは業界最安値となっており、顧客に対して大きなサービスの1つとなっています。

それは株式取引から先物オプション、またFXやCFDに至るまで安い設定となっており、これは自社で高いシステム開発の技術を持っているからであり、グループ会社なども活用してコストを抑えたシステムを構築できることに理由があります。

次の特徴としてはシングル・サインオンと呼ばれる、独自の利用方法です。通常の取引においてはセキュリテー等の問題から株式取引、FX、などのユーザーIDとパスワードIDは個別に設定しており、この場場合にはアクセスに非常に煩わしいものがあります。また、覚えることも大変で顧客はとても不便さを感じるものです。GMOクリック証券ではその煩わしさをシングル・サインオンシステムで解消を図っており、ここではユーザーID一元管理がなされており利便性が高くなっています。

また、簡単な操作でオンライントレードを行うことができることも特徴として上げることができ、誰にでも分かりやすいツールを使うことによって場所を選ばずに投資を行うことができるようになっています。

そして、何といってもGMOクリック証券では、コストを下げることにも寄与している、システム開発力の高さがあります。GMOクリック証券では金融商品取引の専門家だけでなく、サービスのプラットフォームとなるITシステム開発の専門家をグループ企業内にかかえています。

一般的な金融機関においては、システム開発から運用、また、保守に関して外部への委託がほとんどですが、GMOクリック証券ではグループ内で企画から開発、運用そして保守までの全てを行うことができます。これにより通常は莫大な費用なかかる金融系のシステム開発やそこにおける煩雑なオペレーションに関してコストを下げることが可能となり、大きな特徴となっています。

DMM FXの特徴とメリットとは

By: Jason Lawrence

DMM FXは、dmmグループのdmm証券が提供しているFX取引サービスです。FX取引は外国為替証拠金取引と呼ばれるもので、証拠金を預けることで、その証拠金の数倍から数十倍のお金を動かして外国為替取引を行うというものです。外国為替として、代表的なものとしては米ドル、円、ユーロがあり、これらは日々為替相場で変動しています。

この変動を利用して利益を得るのが外国為替取引になりますが、取引で利益を得るためには大量の資金が必要であり、普通の人が参入するには無理があります。そこで登場したのが証拠金取引で、証拠金を預けることでその数倍から数十倍のお金を動かすことができるため、少ない資金からでも参加が可能で、DMM FXの場合には5万円程度の入金で米ドル円の取引を開始することができます。また株式などの信用取引と異なり、誰でも口座を開くことができ、電話による確認などもなく数日で取引を開始できるのもFX取引の魅力となっています。

DMM FXのFX取引の特徴としては同業者の中でもスプレッドが狭いというのがあります。一般にFX取引では取引に対する手数料は無料というところがほとんどですが、売買を行うさいに、その現在の価格に対して、実際に売買できる価格が設定されています。これがスプレッドと呼ばれるもので、実質的にはFX取引を行うさいの手数料と言えるものです。

DMM FXのスプレッドは、業界でも最も狭い特徴があり米ドル円で0.3銭固定となっています。またスワップのメリットも大きく、またこのほかの特徴としてはツールが充実しているというのがあります。一般に取引を行うさいにはツールを通じて行いますが、DMM FXの場合にはパソコンのほかスマートフォンからも取引することができます。またチャートも複数用意されておりカスタマイズでき、自身に合った取引環境を整えることができます。またツールを使用して入金や出金も簡単に行えるメリットがあります。

ヤフーグループのYJFXの特徴とは

By: abhisawa

YJFXはヤフーグループ参加の金融先物取引業者で、主にFX取引を提供しています。もともとは、サイバーエージェントFXでしたが、2013年1月にヤフーの子会社となります。その後、2014年にはワイジェイFXに社名変更し、IDもヤフーのものが使えるようになり現在に至ります。

FX取引は証拠金を預けることで、その数倍から最大25倍までのレバレッジを掛けることができ、それによって外国通貨の売買を行い差額決済によって差益を得るというものです。外国通貨として、スタンダードなのは日本円、米ドル、ユーロの3種類で、そのほか豪ドルやNZドル、英ポンド、スイスフランなどがあります。これらは日々為替相場によって変動しており、差益を狙うことが可能です。

YJFXでは、外国為替取引を中心に行っていますが他のFX取引業者にはない特徴があります。通常のFX取引は外貨exというサービス名で提供しており、取引手数料0円はもちろん、実際に売買できる価格差であるスプレッドも業界で最も狭い水準にあります。また通常は1万通貨単位のFX取引ですが、YJFXでは1000通貨単位からの取引が可能で、さらに少ない資金からも参加することができます。初心者にもわかりやすいようにFXで使われる用語集などが充実しているのものYJFXの特徴です。

一方でFX取引では、取引のタイミングが重要で、絶えず監視をしなければならないというデメリットがありましたが、YJFXでは他にはないトレードコレクターと呼ばれるサービスを提供しています。トレードコレクターの特徴は100枚の取引シグナルのカードを5枚選び、それらをもとにして自動で売買してくれるというものです。メリットは、自動で売買してくれ、また市場の波に合致した場合には安定した利益を出すことができるといった特徴があります。このためカードゲーム感覚でFX取引を行うことができ、また忙しい人でもFX取引に参加することができます。