25などに下がっていても実は問題無いとの考え方

By: Andy Maguire

一時期にFXの業界では、大きな不満が発生した事があります。それで多くのFXのトレーダーが、海外に流れたケースがあったのですね。というのもこの金融商品では、一時期は倍数が大きく下がっていたからです。

昔のFXでは、100倍の売買をする事ができました。というのもこの金融商品には、レバレッジという概念がありますが、それは昔はかなり高めな水準だったのですね。現在の日本国内のFXの業者では、原則としてレバレッジは25倍以内になります。つまりそれ以上の倍数で売買をするのは、基本的には難しい訳ですが、一時期はそうではなかったのですね。

というのも一時期の日本国内では、100倍での売買ができる業者も多く見られました。そして多くの方々は、そのような業者での取引に、大きな魅力を感じていたのですね。なぜなら100倍もの売買となると、それに見合ったハイリターンが生じる事になります。それに大きな魅力を感じて、100倍で売買をしている方も多かった訳です。

ところがある時に多くの金融業者を総括している公的機関で、様々な見直しを行う事になります。それで最終的には、前述のような25に限定されていた訳ですね。そして多くの方々にとっては、それはあまり面白くありませんでした。ですので海外の業者に流れる方々も、一時期は非常に多かったのです。

しかしここ最近の私は、その25という数字も案外と合理的だったと思います。なぜならその数字によって、リスクが限定される一面もあるからです。25という数字になっていると、用いることができるお金にも限界が生じます。ですが、それもやり方次第ですね。人によってはレバレッジ0.5倍で大きな利益を生み出している事もあります。

そして何よりも0.5もの低さになっていると、やはりロスカットが生じる確率が極めて低いです。それだけ損失を限定できる事を考えれば、やはり理に叶っているのではないでしょうか。ですので100倍から25に下げたという判断は、あながち間違いではなかったと個人的には思います。